Now Loading...
How to

「茅の輪くぐり」を徹底解説!茅の輪くぐりの意味や、やり方の手順をご説明します!

「茅の輪くぐり」を徹底解説!茅の輪くぐりの意味や、やり方の手順をご説明します!

6月ごろに神社やお寺を訪問した際、茅で編まれた大きな輪っかを見たことがありませんか?それが茅の輪ですが、「茅の輪くぐり」とは、その直径数メートルの輪をくぐり、心身を清めて厄払いや無病息災を祈願し、家内安全を祈る行事となります。おそらく茅の輪を目にした方の多くが、「おそらくあの輪っかをくぐるんだろうけど、正しいくぐり方とかあるのかな?」と考えているのではないでしょうか。ここでは「茅の輪くぐり」についてご紹介します。

「茅の輪くぐり」ってなに?

「茅の輪くぐり」とは「茅の輪をくぐることで、心身を清め、無病息災を祈る神事」になります。日本神話のスサノオノミコトに由来すると言われ、ある詞を唱えながら、八の字に三度くぐり抜けます。ちなみに、茅の輪が配置されているのは六月ですが、それは、毎年6月30日に各地の神社やごく一部仏閣で執り行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」というれっきとした儀式だからです。「いやいや!なんか年末にも茅の輪を見たことがあると思うんだが…」というご指摘が、もしかすればあるかもしれません。そこで次に、この年末の茅の輪の意味をお伝えします。

View this post on Instagram

#茅の輪くぐり #嘯吹八幡神社 友人でもある宮司からお誘い頂き、昨夜、写真を撮らせて頂きました。 せっかくなのでどうぞと、氏子さん達と一緒にお清めもして頂きました。 九州は旧暦に合わせて7月末に夏越の祓えをされる神社が多いなか、彼の神社は毎年8月末に行われていて、今日、9月1日は八朔祭が行われます。 今から年末にかけてお神楽もあったり、地元の神社も賑わってきます。 #ワクワクが止まりません #夏越の祓 #豊前市 #福岡 #福岡の神社 #神社参り #夏越の祓 #神社 #夜景 #夜撮影 #鳥居 #一眼レフ #一眼レフ撮影 #一眼レフのある生活 #canon #canoneoskissx7 #fukuoka_camera #fukuoka_cameraclub #photo #nightphoto #お写んぽ #夜空 #星

sionさん(@ab.sion)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

鎌倉 鶴岡八幡宮「七夕飾りと夏越の祓」 2018/7/6 80D ————————————– おはようございます❗️ 朝から本降りの雨☔️ 神奈川でも大雨警報や土砂災害警戒情報も出始めて来ました。 本来なら明日は七夕で何処でも七夕祭りが催されて楽しい週末になる予定だったのに 台風と梅雨前線の影響で全国的に大荒れになってしまいました 鶴岡八幡宮でも6/30に行った時に大祓が催され半年の穢れを清め残り半年の無病息災を願う茅の輪も設置されていました。 七夕飾りで賑やかな境内になって源氏池も蓮も見ごろになりそうなので今週末はかなりの人出になるだろうと思ってましたが残念です。 これからさらに大雨になるところもあるのでどうぞお気をつけください❗️ ————————————– #鎌倉 #鶴岡八幡宮 #大祓 #七夕 #icu_japan #Lovers_Nippon #team_jp_ #Loves_Nippon #special_spot_legend #bestjapanpics #photo_jpn #instagramjapan #art_of_japan_ #whim_member #ptk_japan #kf_gallery #world_great #IG_JAPAN #土曜日の小旅行 #広がり同盟メンバー #ig_world_colors #pt_life_ #japan_of_insta #igshotz #awesome_photographers #japan_daytime_view #s_shot #IGersjp #ig_today ————————————–

ジンジン5yさん(@jin2_mode)がシェアした投稿 –

茅の輪くぐりと「大祓」

夏越の祓は、12月31日の「年越の祓」と対になる神事ですが、この二つの神事を合わせて「大祓(おおはらえ、おおはらい)」と言います。どちらも災いを祓い清める儀式となります。ですから、年末の祓でも一部の神社で茅の輪が設置されているのは、どちらも大祓であることが共通しているためと言われています。大祓や年越の祓については、また次の回で詳しくご紹介したいと思います。では、一般的な茅の輪くぐりの作法とは、どうなっているのでしょうか。

一般的な茅の輪くぐりの作法

一般的な茅の輪くぐりの手順は下記の通りです。

1:茅の輪の前に立ち一礼を行い、左足からまたぎ、輪をくぐってください。左回りに回って元の位置に戻ります。
2:再度茅の輪の前に立ち一礼します。右足からまたいで輪をくぐり、右回りに回って元の位置に戻ります。
3:茅の輪の前に立ち一礼し、左足からまたいで輪をくぐり、ご神前まで進みましょう。二拝二拍手一拝の作法でお参りしてください。

あと、茅の輪をくぐっているときに神拝詞(となえことば)の「「祓い給へ(はらいたまへ) 清め給へ(きよめたまへ) 守り給へ(まもりたまへ) 幸え給へ(さきはえたまへ)」と唱えながらくぐりましょう。ただし、この神拝詞は地方や神社によって変わる場合もあるそうです。よって、参拝された神社の神拝詞を唱えてください。

大祓について詳しく解説した記事はコチラ

トップ画像出展:wikipedia

written by
オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい