Now Loading...

GoToトラベルでグランピングしよう!森林浴で五感をリフレッシュ!

GoToトラベルでグランピングしよう!森林浴で五感をリフレッシュ!

10月から東京も対象となる「GoToトラベルキャンペーン」。実はグランピングにも適用されることをご存知でしたでしょうか。コロナ疲れの心と体をリフレッシュするには、大自然の新鮮な空気を吸うのが一番。この記事ではお祭りの雰囲気とグランピングをセットで楽しむ例として、富士五湖周辺でのグランピングと、「吉田の火祭り」をセットで楽しむプランをご紹介します。

GoToトラベルはグランピングやにも使える?

グランピングとは、英語の「グラマラス」と「キャンピング」を合わせた言葉で、「豪華なキャンプ」という意味です。テントなど必要な資材や食事が現地に用意されており、アウトドア初心者でも気軽に楽しむことができるのが特長です。

<参考リンク>
Go To トラベル キャンペーンの対象事業者とは|キャンプ場やグランピング・日帰りBBQでも割引されるの?(Glampress)

富士五湖周辺のグランピング×「吉田の火祭り」を楽しもう!

富士山や富士五湖の近辺には、グランピング施設がとても充実しています。霊峰富士山麓での自然体験は、生命力をフルに回復させてくれるでしょう。近くには富士山が眺望できる天然温泉もいっぱいで、夜には満天の星空も楽しめます。

日本三大奇祭の一つ!「吉田の火祭り」

グランピングとぜひ一緒に楽しみたいのは、「吉田の火祭り」と呼ばれる「鎮火大祭」。毎年8月26日・27日に行われる、北口本宮冨士浅間神社(きたぐちほんぐうせんげんじんじゃ)と諏訪神社の秋祭りです。3メートルの大松明70数本上と、家々に積まれた松明に一斉に点火され、一面火の海となる景色は圧巻です。ぜひこの目で見ておきたい、日本伝統の「奇祭」です。

富士吉田市内にある「ふじさんミュージアム」には吉田の火祭りでお目にかかれる明神神輿、御山神輿と大松明の実物が展示され、いつでも吉田の火祭りについて学ぶことが可能。北口本宮冨士浅間神社の歴史ある境内や大鳥居などはお祭りの日でなくても一見の価値ありです。

レクリエーションが豊富!「CAMPあかいけ」

富士五湖周辺に大雨が振ると姿を表す、幻の池「赤池」。そのほとりに位置する「CAMPあかいけ」では、カジュアルなキャンプやグランピングを楽しむことが出来ます。精進湖登山道に隣接した広大な敷地にあり、GOTOトラベルの対象となるバンガロー宿泊で大自然を満喫できます。

炊事場は無料で使用可能で、シャワーも200円で利用することができます(宿泊者は無料)。テントやタープ、寝袋などのレンタルや、薪や炭、調理器具も販売しているので、最小限の荷物でキャンプを味わえます。カナディアンカヌーなども貸出しているので、レクリエーションにも事欠きません。

http://www.camp-akaike.jp/

女性に人気!おしゃれなキャンプ場「PICA富士吉田」

「PICA富士吉田」は、設備もアメニティも整っていて、手ぶらで行けるおしゃれなキャンプ場です。

入浴施設やコインランドリー、ワンちゃんが楽しく遊べる「ドッグラン」、無料開放されている遊び空間「ツリーハウス」など、充実の設備が整っています。

宿泊施設は、特にコテージが充実していて、キッチン付き・テラス付き・ハンモック付き・ドッグラン付きなど、バリエーションが豊富です。ダブルベッド仕様の上品でゆったりした「マッシュルームパオ」という宿泊施設もあります。

宿泊プランはパオ・コテージ・テントヴィラが選べます。BBQ付きのプランはファミリーでも気軽にアウトドア気分を楽しむことができますね。

https://www.fujikyu-travel.co.jp/free2/FPGP1.html

まとめ

今回は、GoToトラベルを活用してグランピングを楽しむプランをご紹介しました。このようにお祭りとグランピングをセットで楽しめるスポットは全国にありますので、秋の予定を立てる際にぜひ参考にしてみてください。新型コロナの自粛疲れを、大自然の中で思いっきり癒しましょう!

オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事