Now Loading...
マツログ

【最新情報】Go To Travel キャンペーンとは?使い方をわかりやすく解説!

【最新情報】Go To Travel キャンペーンとは?使い方をわかりやすく解説!

2020年7月22日より、Go To Travel キャンペーンがスタート。政府主導のキャンペーンで、地域産業や飲食産業の活性化などを目的としています。

一見すると旅行会社や宿泊施設などのサービス提供者側へ向けたサービスである印象ですが、噛み砕いて理解をすると私たち消費者にもかなりの恩恵がある政策であることがわかります。

本記事ではそんな、Go To Travelキャンペーンについて、どんなキャンペーンで、仕組みや使い方はどうなっているのか、内容の詳細をわかりやすく解説。またそれらを理解したうえで、効率のいい利用法もご紹介していきます。

※2020年7月27日現在の情報です。各情報は変更の可能性がありますので、必ず最新の公式発表をご確認ください。

Go To Travel 最新情報

日々情報がめまぐるしく変わるGo To Travelキャンペーン。まずは最新情報(2020年7月27日時点)をまとめてお知らせします。

今月22日から始まった「Go Toトラベル」は、登録された旅行会社や宿泊施設が27日から、あらかじめ割り引き分を反映させた価格で、旅行商品などを販売できるようになりました。このうち、大手旅行会社のJTBやエイチ・アイ・エス、日本旅行、クラブツーリズムなどは27日、予約サイトに特設ページを設けて取り扱いを本格化させています。
Go Toトラベル 割り引き後価格での販売始まる 観光需要喚起へ(NHK 2020年7月27日 14時59分)

7月27日より、割り引き分を反映させた価格での旅行商品の販売が開始しました。

旅行・宿泊事業者がこのキャンペーンに参加するには、感染防止対策を徹底したうえで、事務局に登録申請をする必要がありますが、観光庁によりますと、登録を承認した事業者の数は25日の時点で、旅行会社が1201、宿泊施設が5707で、合わせて6908件に上り、今後さらに増える見込みです。
「Go Toトラベル」きょうから割り引き後価格で商品販売可能に(NHK 2020年7月27日 4時45分)

旅行商品販売にあたっての事前申請が承認された事業者の数は、合計6908件に上るとの発表が。

菅義偉官房長官は27日の記者会見で、政府の観光需要喚起策「Go To トラベル」キャンペーンについて、「現状では東京都以外の地域を除外することは考えていない」と述べ、新型コロナウイルス感染者数が急増している大阪府や愛知県などの都市部は引き続き対象とする考えを示した。
GoTo除外拡大せず 菅官房長官、緊急事態も否定(時事ドットコムニュース 2020年07月27日12時24分)

また、東京都が対象外とされたGo To Travelキャンペーンですが、現時点では東京都以外の地域を除外することは考えていないとのことです。

Go To Travelキャンペーンとは、どんなキャンぺーンなのか?

Go To Travelキャンペーンは、コロナウイルス流行によって大打撃を受けた、地域経済を活性化させるべく発表された施策の一つ。

Go To Travelキャンペーンのほかには、「Go To Eat」「Go To Event」「Go To 商店街」の3つのキャンペーンが行われ、4つのキャンペーンを総称して、Go To キャンペーンとなっています。

公表されたGo To キャンペーン全体の予算は、約1.7兆円。この額と規模は非常に大きく、コロナウイルスの流行による、経済への影響をはかり知ることができます。
(参考として以前行われた、令和元年台風15号・19号の被災地への観光を促す「ふっこう割り」の予算は、約29億円でした。)

最大半額が支援される!?Go To Travelの仕組みを解説

既に公表されている資料では、

・「国内旅行を対象に宿泊・日帰り代金の1/2相当額を支援」
・「一人一泊当たり2万円が上限(日帰り旅行については、1万円が上限)」
・「連泊制限や、利用回数の制限なし」
・「支援額の内、①7割程度は旅行代金の割引に、②3割程度は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与。」
・「開始時期は感染症の専門家の意見等も伺いつつ、検討。」

が内容として説明されています。

最初に注意しなければならないのは、対象が国内旅行に限定されているという点。もし海外に旅行に出かけてしまった場合、Go To Travelキャンペーンの対象には含まれません。

またGo To Travelキャンペーンの対象は宿泊・日帰りで対象が細かく設定されています。

まず宿泊の場合。旅行代理店を通して予約した場合でも、個人でwebサイトなどで予約した場合でも、宿泊施設の料金は基本的に支援の対象となります。交通機関については、個人で手配するサービス(電車やレンタカーなど)は割引の対象の範囲外。しかし旅行代理店で申し込んだツアーなどで使う交通機関は割引の対象となります。

観光庁資料より

日帰り旅行の場合は、支援を受けるためには旅行代理店を経由する必要があり、旅行先での消費もセットとなった支援が予定されています。ざっくり言ってしまえば、日帰り旅行の場合はツアーのみが対象となるようです。

観光庁資料より

また支援対象を取り扱う旅行代理店については、大手・中小旅行業者と記載されています。

支援対象をまとめると、あくまで旅行代理店や宿泊施設など、観光産業の消費を促進するねらいが強い政策の印象。そのため観光産業以外にも利用シーンのある交通機関の利用は対象外とされているのでしょう。

 

また宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援、とされていますが、上限は2万円、日帰り旅行では1万円と規定されています。無制限の支援ではないということですね。

観光庁資料より

観光庁資料より

支援の内訳は、①7割程度は旅行代金の割引に、②3割程度は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与。という内容。例えば上限2万円の支援を受けた場合は、1万7千円が予約の時点で割引。残りの3千円は地域共通クーポンという形で付与されます。最大限の支援を受けるためには、旅行先で自ら、積極的に消費をおこなう必要があるようです。

 

クーポンについては紙と電子クーポンの両方が発行。どちらも効力は同じです。また100円単位でのクーポンとのこと。

ここで問題となるのは、地域共通クーポンはどこでつかえるのか? といった疑問です。現時点ではまだ詳細が決まっていませんが、資料では各地域の観光協会や、DMO、商工会などに参加を呼び掛けてもらう、としています。

観光庁資料より

GoToトラベルキャンペーンはいつからいつまで?

日程についても現時点は決定しておらず、6月16日の会見では「出来得えれば夏休みの早い段階で事業開始を目指し、少しでも早く事業を実施できる体制を整えられるよう、可能な限り速やかに、かつしっかりと準備を進める」としています。

終了時期においては、6月21日放送のテレビ番組において、赤坂大臣が来年の春ごろまでと説明していました。またGo To Travelキャンペーン以前に予約し、キャンペーン中に旅行する場合、補助の対象外となってしまうので注意しましょう。

大規模ゆえに複雑なGoToトラベルキャンペーン。Go To トラベル事業 よくあるご質問(FAQ)というPDFも観光庁のWEBサイト上に公開されています。

Go To トラベル事業 よくあるご質問(FAQ)

4万円でお得に旅行!コスパのいいプランを考察!

ここまでキャンペーンの解説を行ってきましたが、結局どんなプランが一番安く旅行を楽しむことができるのでしょうか?

宿泊旅行の場合、上限2万円の支援を受け取るためには、支援額の2倍、4万円のプランをたてることで、支援を最大限受けられるようになります。つまり4万円の宿泊施設予約か、4万円のツアーが最適解といえるでしょう。

ここで個人的にオススメしたいのが、個人手配で宿泊のみ、4万円のホテルに泊まるプランをたてること。

ふだんなかなか泊まれないような一泊4万円のホテルに割引で泊まることができ、周辺で使える地域共通クーポンもついてくると考えた場合、かなり魅力的です。また移動の際、“密”になる環境を減らす工夫も行えます。

日帰り旅行の場合は、2万円のツアーに予約し、1万円相当の支援を受け取るのが効率的といえるでしょう。

それぞれのプランをたてる際に注意しなくてはいけないのは、1人当たりの支援に上限が設けられていること。前述のようにどこまでも支援されるわけではありません。

宿泊の場合は、上限が2万円。日帰りでは上限が1万円です。また支援内容は、7割が代金から割引となり、3千円が地域共通クーポンとして配布であること、最大の効力を得るには、旅行先で消費行動をする必要があることも頭に入れておきましょう。

国内旅行でなければならない点、キャンペーンが始まって以降の予約でなければ支援がなされない点にも注意が必要です。

観光庁資料より

観光庁資料より

観光庁資料より

Go To Travelについての解説でした。1年の1/3を自粛で過ごすことになり、まだまだコロナウイルスの影響は続きそうな世の中。しっかりと感染対策を行い、夏休みシーズンを迎えましょう。

トップ画像:violetblue / shutterstock

written by
タカハシコウキ

タカハシコウキ

地域のお祭りやインタビュー、由来を調べるのが好き。いろんなお祭りを知りたいと思っています。
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい