Now Loading...

亀屋万年堂の桜スイーツ3選!桜の道明寺、どら焼き、ゼリーを実食レポ

更新日:2021/4/3 高橋 佑馬
亀屋万年堂の桜スイーツ3選!桜の道明寺、どら焼き、ゼリーを実食レポ

自由が丘発祥の和菓子屋

1938年に、東京・自由が丘で創業された和菓子屋さんの亀屋万年堂。自由が丘のある都内南部を中心に複数のお店を展開されています。

この亀屋万年堂さんが桜のシーズン限定のスイーツを提供されているとのことで、早速手に入れてきた内容をレポートしていきます!

亀屋万年堂

桜道明寺

はじめにご紹介するのは、桜道明寺!桜色の道明寺に、ちょこんと桜花が添えられていて、かわいらしいですね!中には国産小豆を使用したこしあんが入れられており、食べると口いっぱいに桜の香りが広がっておいしいです!

亀屋万年堂

【商品名】桜道明寺

【価格】216円(税込)

桜どら焼き

お次は桜どら焼きです!亀屋万年堂のシンボルマークの焼き印が入ったこちらはどのあたりが桜なのでしょうか?

亀屋万年堂

その答えは餡にありました。たっぷり入った白あんには、静岡県産の大島桜の葉が細かく刻まれ入れ込んであるんだとか!食べた瞬間、こちらも桜の香りが広がりたまらない一品です!

亀屋万年堂

【商品名】桜どら焼き

【価格】216円(税込)

桜咲く

続いては桜咲く。桜の花を閉じ込めたゼリーです!味付けには桜のリキュールが使われており、桜の味をしっかり感じる内容になっています。和の生菓子とは一味違った桜を感じられるスイーツで、合わせて食べたくなっちゃいますね!なお冷やして食べると特においしいです!

亀屋万年堂

【商品名】桜咲く

【価格】300円(税込)

亀屋万年堂の桜の季節を彩る、この時期限定のスイーツ。どれも桜がふんだんに使われ、春を感じられる一品となっています。4月7日まで販売しているとのことなので、ぜひお近くの店舗をチェックしてみてください!

亀屋万年堂

 

高橋 佑馬
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事