Now Loading...

せともの祭が3年ぶり開催!全国最大規模の陶器市は体験、グルメと目白押し

更新日:2022/9/11 高橋 佑馬
せともの祭が3年ぶり開催!全国最大規模の陶器市は体験、グルメと目白押し

愛知・瀬戸のお祭り

愛知県北部、岐阜県との県境に位置する瀬戸市。陶磁器の一種、瀬戸焼の生産地としてよく知られている街です。その瀬戸焼を江戸時代の衰退時期に再生し、磁祖として親しまれる郷土の偉人、加藤民吉。彼の遺徳をたたえる産業祭として1932年(昭和7年)にはじまったお祭りが、今回ご紹介する「せともの祭」です。毎年9月第二土日に行われているお祭りですが、感染症対策で近年は実施見送りとなっていたため、2022年は9月10、11日の二日間で3年ぶりの開催となりました!

せともの祭

瀬戸焼の歴史は古く、同じ愛知県内の常滑焼と同様に日本六古窯の一つにも数えられている焼物です。13世紀中頃の鎌倉時代には、宋の技術を伝え瀬戸窯を開いたと言われる加藤景正(”陶祖”として地元で親しまれる)が現れ、瀬戸の焼物はさらなる発展を遂げてきました。そんな瀬戸焼も江戸時代に入ると、新興の有田焼などに市場を奪われ衰退傾向に。ここで立ち上がったのが、加藤民吉。有田焼の生産地をはじめ焼物が盛んであった九州西部(熊本県・長崎県)へ修行に送り出されることになり、そこで学んだ技術を瀬戸へ持ち帰ることに成功。瀬戸焼は今に伝わる飛躍的な発展を迎え、”磁祖”として加藤民吉は今なお地元の方々に親しまれています。

せともの祭窯神神社境内にある、加藤民吉の像。

今年で第91回を迎えたせともの祭。さらに今年は加藤民吉の生誕250年(1772年生まれ)と言うこともあり、一層盛り上がっています!昨日の初日に会場へと行ってきましたので、ここからはお祭りの様子をお伝えしていきます!

豊栄舞の奉納でスタート

磁祖、加藤民吉が丸窯神として祀られている窯神神社。こちらで10時15分からはじまる豊栄舞、祭典を皮切りに、せともの祭がスタートしていきます!

せともの祭

参道の階段を登った先にある社殿。こちらへ巫女が入場してきました!

せともの祭

豊栄舞(とよさかまい)が奉納されていきます。榊を片手に舞い、美しいですね!

せともの祭

豊栄舞の後は、祭典が続きます。お祓いや祝詞奏上などが厳かに行われていきました。

せともの祭

せともの祭

時を同じくして、窯神神社の麓にある窯神橋のステージでは、オープニングセレモニーが開催。地元の2つのグループによる合同での太鼓の演奏が披露されました!またこちらのステージでは随時様々な催しが行われ、見どころの一つとなっています。

せともの祭

全国最大規模の陶器市

このワードを知らない人はいないのではないかと言うほどポピュラーな存在となっている瀬戸物。現在では、焼物(陶磁器)全般を指す言葉として定着していますね。そんな存在である瀬戸物の街のお祭りは、全国最大規模の陶器市が開かれることでも人気があります。お祭り当日には、中心部の瀬戸川沿いをはじめ、商店街など市内各地に瀬戸物を売るお店が立ち並び多くの人手で賑わうのも魅力です!

せともの祭

瀬戸焼の特徴には、釉薬を使い美しい色合いを出すことがありますが、青く染付られ様々な絵柄が描かれたものもよく知られています!

せともの祭

瀬戸染付焼との称され方もあり、こちらがまとまって販売されているコーナーもありました!

せともの祭

こんなモダンな柄のお皿も。とてもおしゃれですね!

せともの祭

青いカップやお皿も素敵です!

せともの祭

せともの祭

青以外にも、白系や緑系などカラフルな瀬戸物が並びます。

せともの祭

せともの祭

小さなお皿がお買い得に手に入る場所も!

せともの祭

商店街の空きスペースで、テントで販売するお店もありました!

せともの祭

たくさんのお皿が並び、どれを購入しようか迷ってしまいそうですね。

せともの祭

せともの祭

市内各所にあるお店を周り、ぜひお気に入りの瀬戸物を見つけてみてください!

せともの祭

せともの祭

せともの祭

せともの祭

せともの祭

地元の小中学生による、販売スペースも提供されていました。

せともの祭

また瀬戸物は買うだけでなく、体験もできるんです。お皿や招き猫に染付の体験ができる場所もあり、これは腕がなるかもしれません!

せともの祭

そして、像を公開制作する様子が見られるブースも。この裏では、子どもが粘土で像を作る体験ができるコーナーも用意されていて、親子でも楽しめ嬉しいですね!

せともの祭

グルメ、遊べる屋台も並ぶ

たくさんのお皿を見た後は、そのお皿に並べるグルメも欲しくなりますよね。せともの祭では、たくさんのお祭りグルメを売る屋台が至る所に出店しているのも魅力的です!

せともの祭

市内中心部にある深川神社参道には、ずらっと屋台が並んでいました!

せともの祭

お祭りの定番グルメ、たこ焼きも顔を覗かせます。焼きそばやお好み焼きなどのおなじみの粉物も良い香りを発していましたよ!

せともの祭

タレの塗られたいか焼き、そして種類豊富な焼き鳥も並びます。

せともの祭

せともの祭

愛知のお祭りらしく、名物のたませんも登場!

せともの祭

スイーツも豊富で、チョコバナナやかき氷、そしてこちらのいちご飴などが提供されていました。

せともの祭

立ち並ぶ屋台はグルメだけではありません!遊べる屋台もたくさん出ています。

射的やスマートボールなど、懐かしの遊び場も。

せともの祭

せともの祭

スーパーボールすくいでは、お気に入りのボールを狙いたいですよね。

せともの祭

金魚すくいもお祭りの風物詩と言えるのではないでしょうか。

せともの祭

そして珍しいのがこちら。どじょうすくいまでありました!

せともの祭

ゆるキャラにご当地ヒーローも登場

尾張瀬戸駅近くの窯神橋、深川神社前の宮前公園、瀬戸蔵つばきホールではステージイベントも開催。瀬戸市のゆるキャラ、せとちゃんが会場を盛り上げていました!瀬戸焼のお茶碗に入っているのがチャームポイントです。

せともの祭

そしてせとちゃんに続き、加藤民吉が修行に行っていた熊本からも3体のゆるキャラが応援に駆けつけます。長洲市のふれきんちゃん(中央)、御船町のふねまる(左)です。

せともの祭

そして熊本県を代表して、くまモンも登場!会場の子どもたちの歓声が上がっていました。時代、地域を超え、お祭りでのこのような友好連携は素敵ですね!

せともの祭

ゆるキャラに負けじと、ご当地ヒーロー「陶神オリバー」も盛り上げる。陶魂を胸に秘め、瀬戸市の平和を守っています!

せともの祭

瀬戸物の陶器市やグルメ、体験だけに留まらず、ステージイベントまで満載なせともの祭。見どころがたくさんあるので、スケジュールと睨めっこをしながらお祭りを楽しんでください!

瀬戸市情報、アクセス

焼物の街の瀬戸は、煙突のある風景が楽しめます。市内各所で煙突が見られますので、お気に入りのスポットを探す楽しみ方もあります!

せともの祭

せともの祭

こちらは国の有形文化財に指定されている、旧山繁商店。瀬戸屈指の陶磁器卸問屋の建物を見ることができます。

せともの祭

続いては、屋台が並んでいた参道の先にある深川神社。なんと屋根が磁器でできているんです!

せともの祭

表に掲げられた、鬼瓦も立派で見どころですよ!

せともの祭

そのお隣、法雲寺には陶製の梵鐘の展示も。第二次世界大戦中に金属が回収されてしまった際に作られたもので、全国でも珍しいものになり必見です!

せともの祭

瀬戸染付工芸館では、多くの作品と合わせて登り窯の展示を見ることもできます。

せともの祭

瀬戸市は、アーケード商店街が何本ものびているのも見どころの一つ!お祭りに合わせて、飲食の販売やマルシェが開かれている通りもありました。

せともの祭

せともの祭

見どころ満載な瀬戸市。せともの祭の時はもちろん、それ以外の時にもぜひ遊びに来てみてください!

せともの祭

■瀬戸市へのアクセス

・名古屋駅よりJR中央本線で大曽根駅へ。名鉄瀬戸線へ乗り換え尾張瀬戸駅まで合計50分。

・栄町駅より名鉄瀬戸線急行で尾張瀬戸駅まで31分。

せともの祭

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事