Now Loading...

ちよだ鮨のひなまつり!ずわいがに入りのちらし寿司はコスパ最高!<2021年>

更新日:2021/3/1 大塚 史織
ちよだ鮨のひなまつり!ずわいがに入りのちらし寿司はコスパ最高!<2021年>

東京都内・神奈川県を中心に、新鮮でお手頃なテイクアウトのお寿司を取りそろえる、ちよだ鮨。こちらの記事では、2021年ちよだ鮨のひなまつり限定ちらしずし「花もよう」「花にしき」「花みやび」から、「花にしき」を実食レポートいたします!

2021年、ちよだ鮨のひなまつり限定商品はこちら!

店頭での予約受付ポップ。どれも美味しそうです。

2021年のちよだ鮨では、「花もよう(税別490円)」「花にしき(税別690円)」「花みやび(税別1080円)」の3種類の恵方巻が販売されていました。

販売期間は3月1日~3月3日。事前予約も受け付けていましたが、予約をしなくても3月3日は店頭にも並ぶということでしたので、実際に店頭で実物を見ながら選ぶのもおススメです。

今回は、真ん中の「花にしき」をテイクアウトし、実際に食べてみました!

ちよだ鮨のひなまつり商品「花にしき」の内容

たくさん具材が乗っていて、こぼれおちそう!

<具材>サーモントラウト(ニジマスを、サーモンと同じように海水で養殖した魚のこと)、まぐろ、えび、蓮根、いか、イタヤ貝、卵、まぐろたたき、紅ずわいがに、いくら、きゅうり、とびこ、大葉、ねぎ、がり、わさび

サーモンやまぐろなど、お子様にも人気の具材がたくさん入っている中、なんと紅ずわいがにまで乗って、税別690円!具材の量、内容からしてかなりお得な感じがします。

盛り付けも立体的で美しい!お味はどうでしょうか?いよいよ実食です!

ちよだ鮨のひなまつり商品「花にしき」はどんな味?

永谷園「松茸のお吸い物」を用意して、豪華なメニューになりました。

さすがちよだ鮨!一つ一つの具材が新鮮な感じがして、とてもおいしいです。
紅ずわいがには、さすがにこの値段なのでたっぷり乗っているという程ではないですが、食べてみると、カニの旨味がしっかり感じられました。彩りのいい卵などの海鮮以外の具材の味は控えめな味付けで、海鮮のネタの味をしっかりと感じられます。

「イタヤ貝」は個人的に聞きなれない素材でしたが、食べてみると、ホタテに似ている色・味・食感で「細かくしたホタテだよ」と言われたら納得してしまうような味で、やわらかくてとても美味しかったです。

酢飯も、酸っぱくはないのにしっかりとお寿司の香りがして、とてもおいしいです。蓮根のサクサク感もとても良いアクセントになっていて、食べ進めていても飽きずに最後まで美味くいただけました。
また、添えてあるわさびが小袋に入っているものとは違って香りが良く、ちゃんとツーンとして、さすがお寿司屋さん!という感じ。大人に嬉しい存在感でした。

ひとつかみで、これだけの具が口に入る幸せ。

ちよだ鮨のひなまつり商品「花にしき」は、コスパもよく、大人も美味しい!

こちらの記事では、ちよだ鮨のひなまつり限定ちらしずし「花にしき」を実食レポートしました。「花にしき」以外にも、よりお手軽な「花もよう」、うに・かに・ほたてなど豪華な具材の「花みやび」と、テンションや予算感に合わせてお好みのものを選べるので、ぜひ今年のひなまつりはちよだ鮨の美味しいちらし寿司を検討してみてください!

■ちよだ鮨公式HP ひなまつり商品紹介ページ:https://www.chiyoda-sushi.co.jp/menu/?id=1614482812-510866

大塚 史織
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター

日本の行事・風習

あわせて読みたい記事