Now Loading...

今年は本気のXmasディナーを楽しもう☆七面鳥がXmasに食べられる理由は?どこで買える?

今年は本気のXmasディナーを楽しもう☆七面鳥がXmasに食べられる理由は?どこで買える?

クリスマスの定番料理の一つとして思いつくのが「七面鳥」。日本ではフライドチキンが主流ですが、海外では七面鳥が主流です。なぜそのような違いが生まれたのでしょうか。またクリスマスに向け七面鳥をどこで調達し、どのように食べるのが良いのでしょうか。こちらの記事で詳しくご紹介します。

なぜクリスマスに七面鳥を食べるの?

七面鳥は北アメリカに生息する大型の鳥で、七面鳥の丸焼きはアメリカの感謝祭(サンクスギビング)に欠かせない料理とされています。

17世紀、イギリスから大量の移民がアメリカ大陸に押し寄せましたが、新天地での食料獲得が上手くいかず多くの人が飢えに苦しみました。そんな時、先住民であったネイティブ・アメリカンの人びとが自分たちの食料を差し出し、移民を救いました。そのお礼として、移民は自分たちで獲った野生の七面鳥や収穫した作物でネイティブ・アメリカンをもてなしました。

以降、感謝祭だけでなく結婚式やクリスマスなどのお祝いの席でも、七面鳥の丸焼きが食べられるようになりました。

なぜ日本ではフライドチキンが主流なの?

では、日本ではクリスマスに七面鳥の丸焼きではなくフライドチキンを食べるのはなぜなのでしょうか。いくつかの理由が考えられます。

入手が難しかった!?

アメリカでは七面鳥はポピュラーな食材で、スーパーで入手可能、値段も比較的安価です。しかし日本にはもともと七面鳥が生息していなかったため七面鳥を飼育する農家は少なく、ほとんどが輸入品で入手が困難でした。

オーブンが普及していない

七面鳥を丸焼きにするには大きなオーブンが必要です。アメリカのように広い住宅が少ない日本では、小さなオーブンレンジが主流で大きな備え付けオーブンは普及しませんでした。

KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)の戦略

クリスマスの料理として、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)を思い浮かべる日本人は多いでしょう。実はクリスマスにフライドチキンを食べる習慣、KFCを生んだアメリカにはないそうです。

第二次世界大戦後の高度経済成長期、国力を伸ばし西洋のファッションや文化に興味を持った日本人に目を付けたKFC日本法人の経営者。「クリスマスにはケンタッキーを」の宣伝文句でキャンペーンを打ち、セットメニューを売り出しました。戦略は大成功し、今ではクリスマスにフライドチキンを食べる文化がすっかり根付いています。

七面鳥を買うならココ!

入手困難な七面鳥ですが、どうしても手に入れたい方には通販がおススメです。また近頃ではコストコでも鶏の丸焼きが入手可能なので、代替品としてそちらも検討してみてください。

ミートガイの「ターキー丸」

ミートガイはお肉の通販専門店で、365日発送を行っています。アメリカ産の七面鳥の丸焼きを各種サイズ取り揃えています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tnkEmi_rock(@eeemi_i)がシェアした投稿

水郷のとりやさん須田本店の「ベビーターキー」

鶏肉と鶏卵の専門店で、こだわりの鶏肉や自然卵を販売しています。ベビーターキーはフランス産の七面鳥の中でもAランクのものを用意しています。ECサイトで購入できるので、気になった方は早めにチェックしてみてください。

コストコの「ロティサリーチキン」

フランス語で「炙り焼き」を意味するロティールが語源のロティサリーチキンですが、身近な所ではコストコで手に入ります。価格は、値上がりしたものの税込みで798円(2022年12月現在)とお安く、家庭用のオーブンレンジにも何とか入る大きさなので丸ごと加熱も可能です。

\マツログでは、コストコで購入したロティサリーチキンの実食レポも掲載中!/

難しくない!チキンの切り分け方を伝授

分解した鳥の丸焼きは、むね肉、もも肉、ささみ、手羽肉、鶏ガラの5つに分けられます。

焼き上がった丸焼きを3~40分置いて肉汁を落ち着かせたら、

①胴体ともも肉の間にナイフを入れ、関節に沿って切り左右の足を外す

②左右の手羽も関節に沿って切り、取り外す

③残った胴体の胸の中心部に縦に切り込みを入れ、胴体を二つに分ける

④切り離したむね肉の内側の肉=ささみを取り外す

残った部分が鶏ガラです。スープにするとダシが取れます。難しい場合は、写真や動画を参考にしてみてください。
うまくいかなくても、ざっくり切り方が分かれば、問題なく食べることができるので、一度トライしてみましょう!

コストコのロティサリーチキンコストコのロティサリーチキンだとこんな感じ

まとめ

以前に比べ、ネット通販や大規模チェーン店で七面鳥や鶏の丸焼きの入手が容易になりました。デパ地下やケンタッキーでフライドチキンを買うも良し、思い切って七面鳥を取り寄せるもよし、今年のクリスマスも美味しい「鳥」料理に舌鼓を打ってください。

いいねを押してこの記事を応援しよう!
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事