Now Loading...

DEAN&DELUCAの桜シリーズで、食卓にも桜満開!調理・実食レポート<2021年>

更新日:2021/3/25 大塚 史織
DEAN&DELUCAの桜シリーズで、食卓にも桜満開!調理・実食レポート<2021年>

いよいよ桜も満開間近。今年のお花見はなかなか桜の下での飲食が難しい中、お家の食事で桜満開の気分を味わいたい方も多いのではないでしょうか。こちらの記事では、お家の食卓でも桜が満開の気分が味わえるDEAN&DELUCAの商品を2点ピックアップしてご紹介します。

DEAN&DELUCAといえば美味しいバタークッキー!

お皿に並べて可愛さ倍増!

はじめにご紹介するのは、「円筒クッキー サクラ(税込648円)」。さすがDEAN&DELUCAのクッキー。少し大きめの桜の花の形にほんのり色づいたピンク色がかわいらしく、食べるのがもったいないくらいです。

食感はバターが香るしっかりめで、食べ応えもばっちり。桜の味は少しの塩気と合わせて上品に香っていて、高級感があっておいしいです!しっかりしたバターの香りのおかげで、お茶にもコーヒーにも合いそうな味だと思いました。

オシャレでみためも可愛いクッキーは、普段のおやつにはもちろん、卒業や入学のお祝いのようなハレの日の食卓にも合いそうです。

カンタン調理で“映え”もバッチリ。桜の炊き込みご飯

そのまま炊くだけ、簡単調理の炊き込みご飯セット。

続いてご紹介するのは、「《金沢浅田屋》桜ご飯の素 2合用(税込464円)」。

ほんのりと桜の風味や色がついた昆布だし入りのご飯の素と、トッピングの桜の花の塩漬けのセットです。ごはんの素はちょうど2合分用意されているので、水なしでお米を2合用意するだけで鮮やかな桜ご飯が炊けるとのこと。実際に調理してみました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

SHIORI(@yuhan.0429)がシェアした投稿

作り方は簡単、ぴったり2合のお米を洗って、ご飯の素をすべて入れ、30分ほど時間をおいて炊飯するだけ!
今回、筆者は写真の「映え」を気にして土鍋で炊いてみましたが、炊飯器でももちろん調理可能です。よりもちっとした食感に仕上げたい場合は、お米を洗った後30分ほど水に浸して給水をしてからお米を水から上げて、ごはんの素を入れるといいとのことでした。

今回は普段の食事に取り入れる想定で、旬を迎えた菜の花やアスパラなど、春の食材と合わせてコーディネートしてみました!お家での食事でも、ごはんひとつでパッと華やかになります。

食べてみた感想は、まず、鍋のふたを開けただけで桜の香りが広まって幸せ。口に入れて3回くらい噛むまでは、しっかりと桜の香りが口いっぱいに広がります。しばらく噛んでいると、桜の味からだんだんとしっかりとした昆布だしの味に変化していき、おかずとも違和感なく合う味でした。かなりおいしい昆布の出汁を感じることができました。
飾りの桜の塩漬けについては、十分水洗いしても、食べるとやや塩辛く感じました。飾りとして楽しむくらいでちょうどいいかもしれません。

食卓に桜のアイテムを取り入れて、満開の春を味わおう

こちらの記事では、自宅で桜を楽しめるDEAN&DELUCAの商品を2点ピックアップしてご紹介しました。なかなか桜の下で宴会というわけにはいかない今年の桜ですが、これまでに見てきた桜の思い出を語りながら、お家でおいしい桜を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■DEAN&DELUCA公式HP:https://www.deandeluca.co.jp/

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター

あわせて読みたい記事