Now Loading...

花輪ばやしが3年ぶりに開催!屋台が夜通し練り歩き、サンサが見られる場面も

更新日:2022/8/31 高橋 佑馬
花輪ばやしが3年ぶりに開催!屋台が夜通し練り歩き、サンサが見られる場面も

秋田・鹿角花輪の夏祭り

秋田県の北東部で青森県・岩手県との県境に位置する鹿角市。市内には古くから花輪城(花輪館とも呼ばれる)が置かれ、県境の街と言うこともあり戦国時代には安東氏(秋田氏)と南部氏による攻防が繰り広げられた土地でもあります。その中心部にある花輪地域が、毎年8月19、20日の二日間で開催されるお祭り「花輪ばやし」の舞台です!

花輪ばやし

花輪ばやしは、花輪の市街地を勇壮に10基の屋台が練り歩くことで知られている夏祭りで、神田囃子・祇園囃子と共に、日本三大ばやしに数えられています!起源は平安末期と言われ、また2016年にはユネスコ無形文化遺産にも登録されるなど、古くからの歴史あるお祭りの風景を今に伝えております。

8月19日、3年ぶりの開催となるとのことで、お祭りの会場へとやってきました!市街地各所で見どころがあり、これは楽しみです!

花輪ばやし

御旅所詰からスタート

花輪ばやしは夕方からはじまります。17時半、各所から屋台の運行がスタートしました!

花輪ばやし

2つの町が出会い、提灯で挨拶を行っていきます。

花輪ばやし

花輪ばやし

2基が並び、御旅所へと進んで行く屋台!

花輪ばやし

太鼓、笛、鐘の音とお囃子が響き渡ります。町中へとのその音が広がり、お祭りの到来を知らせているようです。

花輪ばやし

日も傾き暗くなりはじめた頃合い、続々と屋台が集まってきました!

花輪ばやし

各町ともに、浴衣でお祭りに参加しているのは風情がありますね!

花輪ばやし

屋台は目指す先がこちら。御旅所です!そしてこの御旅所に屋台が集まることを、御旅所詰と呼んでいるんだとか。

花輪ばやし

こちらの御旅所ですが、花輪の総鎮守で山間に位置する幸稲荷神社の里宮になります。

花輪ばやし

18時半頃、御旅所の前には各町の屋台が集まってきました!

花輪ばやし

日も暮れかかる中、ライトアップされた屋台が美しいです。

花輪ばやし

さあ、各町の男衆が御旅所へと向かっていきます。

花輪ばやし

提灯を片手に、儀式がはじめられました。

花輪ばやし

花輪ばやし

神職の方も現れ、神事が執り行われていきます。

花輪ばやし

整列している男衆の足元に置かれた提灯も味がありますね!

花輪ばやし

花輪ばやし

そしてここで行われるのが見どころの一つ、サンサ!「サンサンサントセ、オササノサントセ、ヨイヨイヨーイ」の掛け声が三度高らかにかけられます!

町踊りの披露、駅前へ屋台が勢揃い

御旅所前でのサンサが終わると、あたり一面は暗くなっていました。ここからは各屋台が鹿角花輪駅前を目指して運行して行きます!

花輪ばやし

もちろん、お囃子も奏でられますよ!提灯にも煌々と火が灯り、一層お祭りが盛り上がってきます!

花輪ばやし

どんどん屋台が出発!動き出す順番でお囃子が奏でられはじめるのもポイントです。

花輪ばやし

アーケードのある商店街も進みます!

花輪ばやし

屋台より一足早く鹿角花輪駅前の広場へとやってくると、こちらでは町おどりが。

花輪ばやし

いろいろな曲に乗せて踊られていきます!

花輪ばやし

駅前広場につながる通りへと目を戻すと、突入を待つ屋台が並んでいました。

花輪ばやし

19時50分、初日の最大の見せ場である駅前行事がスタートします。屋台が駅前広場へと突入してきました!

花輪ばやし

10町の屋台が、続々と現れ歓声が上がります!

花輪ばやし

今日一番の盛り上がりで奏でられるお囃子もたまりません!

花輪ばやし

花輪ばやし

ずらっと一列に並ぶ屋台はまさに壮観!

花輪ばやし

花輪ばやしと書かれた提灯が並ぶ光景は美しいですね!

花輪ばやし

屋台が並び終わったところで、再び駅前でもサンサが披露されます!

花輪ばやし

お囃子をある程度奏であった後、この余韻に浸っていたいところですが、屋台は次の目的地に向けて動き出します。

花輪ばやし

花輪ばやし

花輪ばやし

花輪ばやし

さあ、屋台が次々に駅前広場から退場です。

花輪ばやし

花輪ばやし

退場の際も、お囃子での盛り上がりは欠かしません!

花輪ばやし

花輪ばやし

このタイミングで、なんとサプライズ花火まで上がりました!お祭りにさらに花を添えてくれます。

花輪ばやし

花輪ばやし

これだけの大輪の花火まで!

花輪ばやし

花輪ばやし

夜通しの運行、見どころは稲村橋

花輪ばやしのすごいところは、なんとお祭りが夜通し行われるところです!駅前広場を出た屋台は各町内を回った後、町西部を流れる米代川に架かる稲村橋を目指します!翌2時頃、橋の袂で再び屋台が整列しました。

花輪ばやし

真夜中ですが、お囃子の熱気はさらに上がってきています!

花輪ばやし

稲村橋に差し掛かる手前で、男衆が集まっての儀式が行われました。

花輪ばやし

儀式が終わったところで、屋台が橋に差し掛かります。

花輪ばやし

一列に稲村橋を渡る屋台。深夜に煌々と光る集団。ここでしか味わえない特別な光景です。

花輪ばやし

どんどん合いの手の声も大きくなっているよう。この雰囲気は気持ちを昂らせてくれます!

花輪ばやし

花輪ばやし

稲村橋の上でも、見事に屋台が一列に並びました!この後は明け方の枡形行事を経て、各町へと屋台は帰っていきます。

花輪ばやし

お祭りグルメに秋田名物が登場

お祭りへやってきたら、露店でグルメも楽しみたいですよね!花輪ばやしでもたくさんの露店が立ち並んでいました。

花輪ばやし

夜になると明かりが灯り、夏祭り感をさらに演出してくれます!

花輪ばやし

お祭りグルメの定番、焼きそば、お好み焼き、たこ焼きなどと並び、花輪ばやしで目立ったのが東北や秋田名物の数々。こちらでは玉こんにゃくが提供されていました!

花輪ばやし

鹿角が発祥と言われるきりたんぽの焼き物もありましたよ!

花輪ばやし

同じ秋田のB級グルメ、横手やきそばの姿も!もういろいろ食べたくなっちゃいますね!

花輪ばやし

食べるだけでなく、金魚すくいなどの遊べる露店があるのも嬉しいところ!

花輪ばやし

周辺情報・アクセス

お祭り期間中の駐車場にもなっている道の駅かづの。こちらに祭り展示館があり、花輪ばやしについて知ることができますよ!

花輪ばやし

また鹿角はお祭りの宝庫の市。花輪ばやしだけでなく、他のお祭りもぜひチェックしてみてください!

花輪ばやし

お祭りだけでなく、きりたんぽ発祥の地でもある鹿角。市内ではきりたんぽを購入、食べられるお店が複数ありますので、こちらも注目です!

花輪ばやし

■鹿角花輪駅へのアクセス

・盛岡駅からいわて銀河鉄道、JR花輪線(乗換不要)で約120分 ※快速花輪ばやしが設定される年もあり

・盛岡駅から高速バス みちのく号で約90分

・大舘駅からJR花輪線で約50分

いいねを押してこの記事を応援しよう!

祭り開催情報

名称 花輪ばやし
開催場所 秋田県鹿角市花輪
開催日 2022年8月19日(金)、2022年8月20日(土)
17:30~翌6:00、20日は11:00~翌5:00
アクセス JR花輪線鹿角花輪駅からすぐ
関連サイト http://hanawabayashi.jp/
https://www.mapple.net/spot/5000444/
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事