Now Loading...

【保土ケ谷公園梅まつり】梅と河津桜が春の訪れを告げる神奈川初の都市公園

更新日:2021/3/10 obaq
【保土ケ谷公園梅まつり】梅と河津桜が春の訪れを告げる神奈川初の都市公園

都市公園として神奈川県で最も早く開園した保土ケ谷公園

全国各地の住宅街やビジネス街には、緑を確保するために都市公園が造園されています。神奈川県で最も早く開園したのは、横浜市保土ヶ谷区の保土ケ谷公園です。1949年の野球場の完成以来、サッカー場をはじめとする数々の運動施設が作られる一方、自然の緑が溢れる広場も整備されました。公園の一画には梅園も整備され、例年2月下旬には早春の彩りで包まれ、「保土ケ谷公園梅まつり」が開催されています。ところが、2021年は新型コロナウイルス感染防止のため中止となってしまいました。

保土ケ谷公園の噴水広場

保土ケ谷公園の野球場

保土ケ谷公園のサッカー場

保土ケ谷公園南部の自然公園

保土ケ谷公園の園内マップ

「かながわの花の名所100選」の一つに数えられる保土ケ谷公園

保土ケ谷公園に公共交通機関を利用して訪れる場合は、相鉄線の星川駅から保土ケ谷駅西口行きの路線バスに7分前後乗車し、保土ケ谷野球場前で下車するのが便利でしょう。バス停の南の階段、スロープを下りると梅園の西です。

相鉄線の星川駅

保土ケ谷野球場前のバス停

バス停から梅園に向かう階段、スロープ

梅園の西端

梅園には約50種約120本の梅が植栽され、「かながわの花の名所100選」の一つに数えられています。

梅園で見られる品種の案内ボード

梅園で見られる品種の案内ボード

梅園

梅園

梅園

梅園

梅園

梅園の東端に設置されるトイレ

梅園ではシートを敷いて弁当を広げたり、ベンチに腰をかけたりして、梅の花を観賞する人々の姿を見かけることができます。

シートを敷いて弁当を広げる人々

ベンチに腰をかけて梅の花を観賞する人々

梅園の梅と同時期に開花する河津桜

保土ケ谷公園には梅の他にも春の訪れが感じられるエリアがあります。梅園の南のエリアは清らかなせせらぎが流れる自然公園となっています。せせらぎ沿いには、河津桜が植えられ、梅と同じ時期に花を咲かせます。

梅園の南のエリアで清らかなせせらぎが流れる自然公園

せせらぎ沿いに咲く河津桜

せせらぎ沿いに咲く河津桜

せせらぎ沿いに咲く河津桜

せせらぎ沿いに咲く河津桜

子ども用の遊具が設置される「にぎわい広場」

自然公園の西に設けられた「にぎわい広場」には遊具が設置されているので、子ども連れで一日楽しく過ごすことができることでしょう。

自然公園の西に設けられた「にぎわい広場」

にぎわい広場」に設置される滑り台

保土ケ谷公園の名梅5選

保土ケ谷公園の梅園では約50種の梅を見ることができますが、その中から5品種をご紹介します。

呉服枝垂

大湊

緑萼春日野

白加賀

思いのまま

横浜市保土ヶ谷区に都市公園として、神奈川県で最も早く開園した保土ケ谷公園には、数々の運動施設の他に梅園が設けられています。園内には約50種約120本の梅が植栽され、例年2月下旬には早春の彩りで包まれます。

obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事