Now Loading...

【どまんなかたぬまガーデンイルミネーション】日本列島の中心の温かな輝き

更新日:2020/12/25 obaq
【どまんなかたぬまガーデンイルミネーション】日本列島の中心の温かな輝き

日本列島の中心に誕生した道の駅「どまんなかたぬま」

日本の国土となっている日本列島は、北東から南西に向かって約3,500キロ繋がっています。列島の中心にあたる栃木県佐野市の田沼地区には、2001年に道の駅「どまんなかたぬま」が誕生しました。敷地内のイタリアンガーデンでは2002年から年末年始のイルミネーションが行われています。2020年11月3日~2021年3月2日の期間で、「どまんなかたぬまガーデンイルミネーション」が開催されています。

道の駅「どまんなかたぬま」の案内ボード

日本列島の中心に誕生した道の駅「どまんなかたぬま」

道の駅「どまんなかたぬま」のイタリアンガーデン

道の駅「どまんなかたぬま」へのアクセス

道の駅「どまんなかたぬま」は、茨城県日立市と栃木県足利市を結ぶ国道293号線沿いに建っています。公共交通機関を利用する場合は、東武佐野線の吉水駅から南西に数百メートルです。

道の駅「どまんなかたぬま」の東を走る国道293号線

東武佐野線の吉水駅

イルミネーションで光り輝くイタリアンガーデン

「どまんなかたぬまガーデンイルミネーション」の会場は、道の駅「どまんなかたぬま」の施設の東に広がるイタリアンガーデンです。園内にはサンタクロースやアーチ状のトンネルが設置され、イルミネーションで輝きます。ハート形のオブジェはカップルにとっては絶好のフォトスポットでしょう。園内にはアヒルやフラミンゴの姿も見られ、時間とともに体の色を変えています。

道の駅「どまんなかたぬま」のマップ

道の駅「どまんなかたぬま」の正面玄関

イタリアンガーデンの駐車場側の入口

イタリアンガーデン

イタリアンガーデン

イタリアンガーデン

イタリアンガーデンのサンタクロース

アーチ状のトンネル

アーチ状のトンネル

カップルにとって絶好のフォトスポット

カップルにとって絶好のフォトスポット

時間とともに体の色を変えるアヒル

時間とともに体の色を変えるフラミンゴ

イタリアンガーデンに接する足湯施設

ご当地グルメが溢れる特産品コーナー

道の駅「どまんなかたぬま」には、農産物直売所、特産品コーナー、カフェ、レストランが設けられています。農産物直売所では、栃木県の特産イチゴの「とちおとめ」の他、地元で収穫されたばかりの新鮮な野菜や果物が販売されています。特産品コーナーで目を引くのはご当地グルメの「佐野ラーメン」お土産用のパックがずらりと並んでいることです。市内に店舗を構える数多くのラーメン店がお土産パックを商品化しているのです。店舗での味には及ばないでしょうが、自宅でも青竹打ちの平麺のなめらかな食感を楽しむことができます。特産品コーナーでは人気のランクまで掲示されています。また、イチゴを使ったお菓子も充実しています。

農産物直売所で販売される栃木県の特産イチゴの「とちおとめ」

農産物直売所

特産品コーナーで販売される佐野市のご当地グルメ「佐野ラーメン」

特産品コーナーで販売される佐野市のご当地グルメ「佐野ラーメン」

特産品コーナーで販売されるイチゴのお菓子

特産品コーナーで販売されるイチゴのお菓子

栃木県佐野市の田沼地区は日本列島の中心にあたり、2001年に道の駅「どまんなかたぬま」が誕生しました。日本のどまんなかに位置するイタリアンガーデンは例年、年末年始にはイルミネーションで光り輝きます。

obaq
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
2010年より旅行系のフリーライターとして各種メディアで記事の執筆を行っております。「おまつり」には各々の地域の歴史や伝統、文化が凝縮しています。関東地方で開催されている「おまつり」を中心に、その魅力を紹介して参ります。

あわせて読みたい記事