Now Loading...
マツログ

2019年の春分は3月21日!春分の日にちなんだ全国のお祭りをご紹介♪

2019年の春分は3月21日!春分の日にちなんだ全国のお祭りをご紹介♪

2019年の春分の日は、3月21日です。春分にちなんで行われる全国のお祭りをいくつかピックアップしました。

会津彼岸獅子(福島県)

会津の鶴ヶ城を出発した3体の獅子が、笛や太鼓の音色と共に舞を舞いながら市内を巡ります。この行事とともに長い冬が終わり、春の訪れを告げるのです。鶴ヶ城のほか、阿弥陀寺などの市内各所でも獅子の舞を見ることができます。

【アクセス】ハイカラさん・あかべぇ「鶴ヶ城入口」下車徒歩7分

磐梯神社の舟引き祭り(福島県)

磐梯神社の舟引き祭りは、米俵を乗せた木船を両側から氏子が引き合うというもので、東が勝つと「豊作」、西が勝つと「米の値段が上がる」といわれています。この日には少女たちによる「巫女舞」も奉納されます。

【アクセス】JR磐越西線・磐梯町駅から25分

嫁いらず観音院春季大祭(岡山県)

歳を取っても嫁の手を借りずに、いつまでも健康に過ごせるというご利益のある観音院です。春分の日に行われる大祭では、屋台なども出てたくさんの人で賑わいます。

【アクセス】井原鉄道・井原駅からバス乗車約7分

寒川神社(神奈川県)

春分の日、太陽が通る「レイライン」上にある寒川神社では、春分の日と秋分の日しか授与されないお守りがあります!パワースポットで春分の日限定のお守りを授与してもらえば、とってもご利益がありそうですね。

View this post on Instagram

#御来光守 春分の日・秋分の日、日の出と日の入りの方角を結ぶと、房総沖から昇った太陽は寒川神社を通り→富士山山頂→竹生島→元伊勢→出雲大社へとつながっていきます。 これにちなみ、春分の日(3月21日)、秋分の日限定で御来光守を頒布します。 ※ピンク色が春分の日、白色が秋分の日限定の御来光守 寒川神社は春分・秋分の日には富士山頂、夏至には大山、冬至には箱根の山へと太陽が沈む特別な場所に鎮座しています。 #御来光道 #レイライン #二至二分#春分の日#3月21日#秋分の日#限定#お守り#太陽#寒川神社#神社#八方除#厄除#方位除#御祈祷#裏鬼門#パワースポット#四神相応#風水#陰陽五行#九星気学#御朱印#御朱印帳#日本

寒川神社 / Samukawa Jinja Shrineさん(@samukawa_jinja_official)がシェアした投稿 –

【アクセス】JR相模線・宮山駅から徒歩5分

太宰府天満宮門前まつり(福岡県)

2月2日〜3月21日の春分の日まで、太宰府天満宮では門前まつりが開催されます。期間中はさまざまなイベントが催され、たくさんの人で賑わいますよ。

【アクセス】西鉄・太宰府駅から徒歩5分

季節の節目を楽しんで

冬から春へと季節が移り変わる節目であり、「自然をたたえて生き物をいつくしむ」祝日である春分の日。ご紹介したほかにも、全国で興味深いお祭りが催されていますので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

written by
オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい