How to

2018年のイースターっていつ?そもそもなにをする日? 復活祭あれこれ

2018年のイースターっていつ?そもそもなにをする日? 復活祭あれこれ

  4月といえばイースター!!

…とは言うものの、2018年時点でそこまで日本文化に浸透していないのが正直な所なのではないしょうか。

ポケモンGOでタマゴがたくさん拾える日?ディズニーランドだとみんな何かタマゴ持ってるし、何なの?タマゴの特売日??…のレベルからでも(多分)大丈夫。

ライター2号がわかりやすく解説します。

記事の画像はすべて信頼と実績の「いらすとや」様からです。品揃えほんとすごい。

 

■イースターって結局何なの?

非常にぶっちゃけて言えば、「イエス・キリスト復活記念日」です

弟子ユダの裏切りで十字架にかけられたキリストはゴルゴダの丘で人間としての生涯を終えますが、『三日後に復活する』との予言を残します。

三日後、キリストは予言通り奇跡の復活をしますが、この最大の奇跡の祝祭としてイースターは生まれたといわれており、時代を経るにつれアングロサクソンの春を祝う祝祭とも融合して今につながっています。

寒い冬が終わり、キリストの復活祭とともに春の到来を祝う、それがイースターなのです。

 

■2018年のイースターっていつ?

イースターは「春分の日後の最初の満月から数えて最初の日曜日」です。

??????

実は固定の日付が存在しない移動祝祭日なので、毎年確認するのがオススメです。

ちなみに2018年のイースターは 4月1日(日)です。

(エイプリルフールとかぶってますよ)

 

■何をするの?

家族でごちそうを食べて春の到来を祝いましょう。

クリスマスとだいたいいあzこれだけです。かんたん!!

…半分嘘です。

クリスマスにツリーが必要なように、イースターにはイースターエッグ、タマゴが必須です。

タマゴはキリスト教において生命誕生の象徴、キリスト復活祭であるイースターのシンボルでもあります。

ゆで卵に色や飾りを付けたものをイースターエッグと呼び、イースターの飾りつけに使います。

特に作りかたに決まりはないので、染めたり塗ったりはりつけたり、思い思いの方法でイースターを楽しみましょう。

いろんなところに隠されたイースターエッグを子供たちだけで探し出す「エッグハント」や、イースターエッグをスプーンに乗せて落とさないようにゴールまで運ぶ「エッグレース」も人気のゲームです。難易度高そう。

なお、このイースターエッグはイースターうさぎという謎生物がはこんでくることになっています。こちらも多産で子孫繁栄の象徴ですね。

 

■イースターにまつわるあれこれ

【イースターエッグ】 

エッグハントのゲームから、転じて「ゲームやプログラム等開発者があらかじめ仕込んだ隠し要素」のことを指します。秘密のコマンドでいきなり最強装備とかですね、わからない人は近くの30代に聞いてね。。

ゲームや日々の生活の裏ワザを全て「イースターエッグ」と言い換えるといい感じに意識高いのではと思います

【イースター島】

モアイが大量に生えている太平洋の孤島です。(語弊あり)1722年のイースターの夜発見されたことから名づけられました。ちなみにキリスト教圏でもなんでもありません。

海洋をにらむ形で建立された巨像たちは、外敵から島を守る守護神でした。

17世紀ごろまでモアイは作られたようですが、建立に大量の木材を使用するモアイは結果的に島内の森林破壊を招き、イースター島の文明すら崩壊させたともいわれています。(諸説あり)モアイとは島の守護神であり、また破壊者であったというのは皮肉です。

 

■イースターのこれから

移動祝祭日で日付がばらばらだったり、日本では何かと忙しい新年度に重なるため、

ハロウインやクリスマスのような定着は正直な所まだまだこれからのようです。

まだまだ定着していない分、自作のタマゴを配ってもいいし、おともだちづくりの一環でエッグハントをしてみたりたくさんオムレツ作ってみたり、思い思いのやり方でイースターを楽しんでいいとおもうんです。

今ならトレンドをあなたも作れるかも!?

これぞ!というものがあれば、ぜひオマツリジャパンにも教えてくださいね。

writen by
寺川 芳雄

寺川 芳雄

伊豆生まれ伊豆育ち、お酒もオマツリも基本雑食ですが生魚だけは食べられません。

あわせて読みたい