Now Loading...

神農祭(少彦名神社)、現地速報レポート!健康むすめによる神虎授与もあり

更新日:2020/11/27 高橋 佑馬
神農祭(少彦名神社)、現地速報レポート!健康むすめによる神虎授与もあり

大阪市中央区にある少彦名神社(すくなひこな じんじゃ)。日本医薬総鎮守薬の神として、病気平癒・健康成就を祈る人が多く訪れている神社です。この少彦名神社で毎年11月22、23日に行われているお祭りがあります。神農祭(しんのうさい)です!

少彦名神社

2020年は、新型コロナウイルスへの予防対策として、入場制限や露店の出店は無しと言う異例の方式でお祭りが行われていました。ですが境内へ入ると、そこには例年と変わらぬ活気があります!

少彦名神社

社殿の中では舞の奉納がされていました。疫病退散につながってほしいですね!

少彦名神社

このお祭りで欠かせないのが、神農さんの神虎と呼ばれる笹の縁起物!虎の張り子がついた五葉笹を参拝客が次々に買い求めていきます。縁起物が売れると、健康むすめと呼ばれる巫女さんが鈴を振って家内安全・無病息災を祈念してくれます!

神農祭

神農祭

神虎はかわいい顔をしていました!

神農祭

神農祭

また神農祭限定絵柄の御朱印も用意されています。ぜひチェックしてみてください!

神農祭

神農祭

神農祭はもともと1822年(文政5年)に、コレラが大阪で流行った時に薬種仲間がはじめたお祭りと言われています。そんな歴史もあり、地元で大切にされてきたお祭りのようです。また大阪で有名なお祭りに「十日戎(えべっさん)」がありますが、あちらがお正月のお祭りなら神農祭は年末のお祭り。そのため「とめの祭」とも別名で呼ばれ、愛着を持たれているお祭りとのこと。大阪の一年を締めくくる、2020年は特にご利益にあずかりたいお祭りでした。

神農祭

祭り開催情報

名称 神農祭【2020年露店の出店や家庭薬キャラクターイベント開催なし※要HP確認】
開催場所 大阪府大阪市中央区道修町2丁目1-8
少彦名神社
開催日 2020年11月22日(日)、2020年11月23日(月)
毎年11月22日、23日。
主催者 少彦名神社
アクセス 【鉄道】地下鉄堺筋線または京阪線「北浜」駅下車し、徒歩約3分
または地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅下車し、徒歩約8分
関連サイト http://www.sinnosan.jp/sinnousai.html
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
1991年生まれ。仙台出身、埼玉育ちの祭り好きです!東北、関東のお祭りがメインですが、全世界おもしろいお祭りがあったら駆けつけます!お祭りのレポートは現地の臨場感を大切に写真・動画を活用し紹介。各地のグルメ情報もお伝えします!

あわせて読みたい記事