Now Loading...

さっぱり酢メシが猛暑に◎!すし銚子丸の「うなぎ押寿司」実食レポート

さっぱり酢メシが猛暑に◎!すし銚子丸の「うなぎ押寿司」実食レポート

2021年夏、今年も土用の丑の日、7月28日が近づいてきました。

コンビニ、スーパー、牛丼チェーン店など様々なお店が「うなぎ」を販売するなか、「すし銚子丸」からは「うなぎ押寿司」が登場!

果たしてどんなお味なのでしょうか?オマツリジャパンで実食してみましたのでさっそくご紹介します。

「2021年夏の土用の丑の日!うなぎの予約情報まとめ」

すし銚子丸の「うなぎ押寿司」の特徴は?

「すし銚子丸」は、千葉・東京・埼玉・神奈川に回転ずし店をメインとして90店舗以上を展開。

銚子港から直送されるサバ、イワシ、金目鯛などの地魚をはじめ、日本全国から仕入れている新鮮でおいしい食材がいただけます。

今回の「うなぎ押寿司」はテイクアウトの商品。

値段は通常価格で一つ1,080円(税込)。ウーバーイーツでは1,450円(税込、サービス料・配送手数料別)でした。スマホから簡単に注文でき、お家で美味しいうなぎのお寿司が食べられます。

気になるお味は?実食レポート!

こちらがうなぎ押寿司のパッケージ。ケースいっぱいに、みっちりとうなぎが盛られているのが外からでも分かります!

形はまさに押し寿司です

重さを量ったら340gもありました!しかも、途中で味変できる山椒つきです。

この照りとツヤ!たまりません~~~。

オマツリジャパンのスタッフの感想は?

美味しすぎて言うことはありません!カットされていたので食べやすかったです。うなぎと寿司飯がよく合っていました。これは家族みんなで食べたい!(30代 女性)

最初からカットされているので、家族みんなで食べるにも簡単・手間いらずです。

まず見た目のツヤ!ギトギトの油ではなく、程よい油っ気によってとっても美味しそうなビジュアル!口に入れると口の中で鰻が溶け崩れました。
ジューシーな鰻とさっぱりした酢飯が合わさってとっても美味しかったです。さすが銚子丸。(30代 女性)

食欲をそそる見た目はもちろん、うなぎの食感と酢飯のバランスが絶妙!

うなぎがふっくらしていて食べ応えがあります。タレは後味が少なく、ごはんの酢飯が際立っていると思います。うな丼ではなく、あくまでも押寿司なんだという意思を感じました。(20代 男性)

タレが主張しすぎない美味しさで、お寿司好きの人には特におススメですね。

これはめちゃくちゃ美味しい!鰻がふっくらで脂も乗ってます!これが1080円なら買っちゃいますね!(20代 女性)

この味とクオリティーに、コスパを称賛する声もあがりました。

まとめ

今回は、すし銚子丸のうなぎ押寿司について紹介しました。

口の中で溶けるような鰻の柔らかさや、酢飯との絶妙なバランスが大絶賛でした。

毎日暑すぎて、どうしても食欲が落ちるこの季節。さっぱりした酢飯と一緒に栄養満点のうなぎが食べられる、すし銚子丸のうなぎの押寿司はこの時期にぴったりです。

ぜひ土用の丑の日のメニューに加えてみてはいかがでしょう。

オマツリジャパン編集部
この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事