Now Loading...

すし銚子丸の「うなぎ押寿司」実食レポート!さっぱり酢メシが猛暑に◎!

すし銚子丸の「うなぎ押寿司」実食レポート!さっぱり酢メシが猛暑に◎!

2021年夏、今年も土用の丑の日、7月28日が近づいてきました。

コンビニ、スーパー、牛丼チェーン店など様々なお店が「うなぎ」を販売するなか、「すし銚子丸」からは「うなぎ押寿司」が登場!

果たしてどんなお味なのでしょうか?オマツリジャパンで実食してみましたのでさっそくご紹介します。

「2021年夏の土用の丑の日!うなぎの予約情報まとめ」

すし銚子丸の「うなぎ押寿司」の特徴は?

「すし銚子丸」は、千葉・東京・埼玉・神奈川に回転ずし店をメインとして90店舗以上を展開。

銚子港から直送されるサバ、イワシ、金目鯛などの地魚をはじめ、日本全国から仕入れている新鮮でおいしい食材がいただけます。

今回の「うなぎ押寿司」はテイクアウトの商品。

値段は通常価格で一つ1,080円(税込)。ウーバーイーツでは1,450円(税込、サービス料・配送手数料別)でした。スマホから簡単に注文でき、お家で美味しいうなぎのお寿司が食べられます。

気になるお味は?実食レポート!

こちらがうなぎ押寿司のパッケージ。ケースいっぱいに、みっちりとうなぎが盛られているのが外からでも分かります!

形はまさに押し寿司です

重さを量ったら340gもありました!しかも、途中で味変できる山椒つきです。

この照りとツヤ!たまりません~~~。

【次ページ】実食した感想は…

この記事を書いた人
オマツリジャパン オフィシャルライター
オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます

あわせて読みたい記事