Now Loading...
2019年の天神祭に参加するには?見所やおすすめスポットを徹底解説!

京都の「祇園祭」、東京の「神田祭」と並び、日本三大祭に数えられる大阪の「天神祭」。

「大阪の夏は、愛染さん(愛染祭)に始まり、天神さん(天神祭)で中をとり、住吉さん(住吉祭)で締める」とも言われ、地元民にとっては大阪三大祭の一つとしても親しまれています。

毎年6月下旬からおよそ1ヶ月に渡り、大阪天満宮を中心に様々な行事が行われますが、その中でも特に注目すべきは7月24日の宵宮(よいみや)と25日の本宮。毎年この2日間だけで総勢130万人を動員しており、街を練り歩く神輿や打ち上げられる花火は大阪の夏の風物詩となっています。

今回は、初めて大阪天神祭に参加する人のために、2019年の日程やおすすめスポットなど、最大限楽しむための情報をご紹介します。

そもそも天神祭ってどうして始まったの?

天神祭の始まりは951年。大阪天満宮が鎮座した2年後に、菅原道真公が社頭の浜から神鉾(かみほ)を流し、流れついた浜に神を迎える斎場を設けて禊(みそぎ)を行ったことが起源とされています。
それから1000年余り、争乱や病気など多くの存続の危機はあったものの、地元民の支えにより今日まで伝統が守られてきました。

2019年天神祭の全体スケジュール

およそ1ヶ月に渡って行われる天神祭。地元の人でない限り全てに参加することはなかなか難しいかと思いますが、ここでは全体像を簡単にご紹介します。

7月24日(宵宮)以前のイベント

6月25日 装束賜式
7月1日 記念切手初版奉納式
7月7日 天満天神七夕祭、星愛七夕まつり、令和OSAKA天の川伝説
7月12日 市民船抽選会
7月15日 ドラゴンボート選手権大会
7月22日 伏見三十石船献酒式
7月23日 御羽車巡幸祭、天神祭ギャルみこし、四條司家儀式包丁奉納、天神祭北新巡行

7月24日(宵宮)のイベント

4:00 一番太鼓7:45 宵宮祭
8:30 鉾流行列参進
8:50 鉾流(ほこながし)神事
11:00 行宮祭
11:30 山蔭流儀式庖丁奉納
12:00 天神講獅子、獅子舞
16:00 催太鼓氏地巡行
16:15 どんどこ船宮入、鉾流神鉾奉還
18:40 水上薪能
19:00 催太鼓宮入
19:30 獅子舞宮入

7月25日(本宮)のイベント

View this post on Instagram

. . 撮影場所:大阪市中央区 Location:Osaka,Japan. . 日本三大祭りの一つ大阪の天神祭り(^^) その奉納花火を狙ってみました! . 天神祭は花火メインの写真と言うより夜景+船渡御+花火を一緒に撮る感じです。 . 昼から行けたらギャル神輿とかあったのにな . SPEC. ********* canon 5Dmk4 EF24-70 f2.8L Ⅱ USM F5.6 SS1.3” ISO200 40mm ********* ___________________________________________________ 日本国内で撮影された長時間露光写真 @longexposure_japan ___________________________________________________ 日本国内で撮影された星・月・星景写真 @star_hunter_jp ___________________________________________________ #tokyocameraclub#jp_gallery_member#lovers_nippon#art_of_japan_#special_spot_member#s_shot#japan_of_insta#photo_jpn#whim_life#ptk_japan#loves_nippon#bestjapanpics#phos_japan#team_jp#kf_gallery#picture_to_keep#IGersJP#bestphoto_japan#ig_shotz_asia#splendid_shotz#ig_color#daily_photo_jpn#allbeauty_addiction#igpodium_night#土曜日の小旅行#天神祭#天神祭奉納花火#船渡御#花火#日本三大祭# ___________________________________________________

kajiさん(@kaji_photochromism)がシェアした投稿 –

13:30 本宮祭
14:15 神霊移御
15:30 陸渡御(りくとぎょ)列出発
17:30 船渡御列出発
18:00〜21:00 船渡御(ふなとぎょ)
19:30 船上祭
19:30〜20:50 奉納花火
21:00 催太鼓の宮入開始
22:00 還御祭

特におすすめのイベントをピックアップ!

全体スケジュールの中でご紹介したイベントの中から、特におすすめのイベントをご紹介します。

星愛七夕まつり

天神橋筋商店街主催のお祭り。大阪天満宮の境内には沢山の夜店が並び、天神天満花娘のお披露目やパレードなどが盛大に行われます。前日には前夜祭として特設ステージでの歌謡祭も。

【星愛七夕まつりに参加するには】

日時:7月7日16:00~21:00
場所:大阪天満宮境内
行き方:JR大阪天満宮駅・地下鉄南森町駅から徒歩5分

令和OSAKA天の川伝説

2018年までは「平成OSAKA天の川伝説」でしたが、2019年から「令和OSAKA天の川伝説」に名称が改められます。「いのり星」と名付けられたLED球が大川の水面に流される様子は、大変幻想的な景色です。

View this post on Instagram

今年の「平成OSAKA天の川伝説」は、安全を最優先に考え中止となりました。 雨はまだまだ降り続くようですね。河川の氾濫や浸水など心配です。 (2018.7.6追記) ************************* #大阪 の #インスタ映え イベント #平成OSAKA天の川伝説  7/7 ************************* 過去pic 七夕の夜に天満橋周辺の大川に、LEDの球 約6万個が一斉に放流されるイベントなんですが、雨が心配ですね。 写真のベストポジションは天満橋の橋の上からなんですが、規制が厳しく、立ち止まれないです。少し遅めの時間はマシかもしれません。 ************************* #snaplace 認定インスタグラマー #夜景 イルミネーション 部門 ************************* #夜景マップ_大阪 #関西イベントカレンダー_夏 * #夜景ら部 #ダレカニミセタイヤケイ #夜景倶楽部 * #旅フォト #tabippo #クラツー #わたしの絶景 #旅行好きな人と繋がりたい #けしからん風景 #インスタ映えスポット #フォトジェニックスポット #タビジョ

大阪 夜景✨旅✨花✨イルミネーション✨モーグル ✨スキーさん(@ig_mika.w)がシェアした投稿 –

【令和OSAKA天の川伝説を見るには】

日時:7月7日18:00~21:00(放流は19:20から)
場所:大川・天満橋〜北浜周辺
行き方:地下鉄天満橋駅または北浜駅下車すぐ・京阪電車なにわ橋駅下車すぐ・地下鉄南森町駅・JR大阪天満宮駅下車

ドラゴンボート選手権大会

ドラゴンボートとは、ドラマーと舵取り約各1名と、漕ぎ手10~20名で行う中国発祥のスポーツです。

1988年から奉納イベントとして行われており、マカオの大学生によるチームや香港在住の日本人を中心に結成されたチームが来日しレースに参加します。

【ドラゴンボート選手権を見るには】

日時:7月16日8:20~18:00
場所:八軒家浜前及び南天満公園
行き方:地下鉄天満橋下車すぐ

天神祭ギャルみこし

正式名称は「天神祭女性御神輿」。天神祭を盛り上げるイベントとして、宵宮の前日に神輿を担いだ女性たちが天神橋筋商店街を練り歩きます。

【ギャルみこしの巡行スケジュール(予定)】

12:00 夫婦橋出発
14:55 天満宮宮入
15:30 天満宮出発
16:35 JR天満駅前到着
17:00 フィナーレ

ギャルみこしについて書かれた記事はコチラ

一番太鼓

天神祭を一気に盛り上げるのが一番太鼓。朝の4時に大阪天満宮の正門が開き打ち鳴らされ、その後、だんじり囃子、龍踊りと続きます。正門前には門が開く前から多くの人が集まります。

【一番太鼓を見るには】

日時:7月24日4:00~4:30
場所:大阪天満宮
行き方:JR大阪天満宮駅・地下鉄南森町駅から徒歩5分

鉾流神事

天神祭の起源に倣い、西天満小学校の生徒が務める神童、神職、演奏担当者が小舟に乗って川の中ほどに漕ぎ出て神鉾を流します。早朝に行われるため見物客が少なく、神事を間近に見ることができるおすすめのイベントです。

【鉾流神事を見るには】

日時:7月24日8:50〜9:30
場所:鉾流橋(天満警察署前)
行き方:京阪中之島線なにわ橋駅から徒歩3分

そしていよいよ最終日の本宮。天神祭の開催中に大阪を訪れるなら、この日に行われる陸渡御・船渡御・奉納花火の3大イベントは外せません。

陸渡御@大阪天満宮~天神橋

道真公の御神霊に街の繁栄を見ていただき、今後のさらなる繁栄を祈願すべく行われる陸渡御。後に続く船渡御の乗り場まで、神輿と総勢3,000人の行列がおよそ3キロの道のりを練り歩きます。行列の先頭は囃太鼓。そこから馬に跨った猿田彦や、神輿、牛、様々な装束を着飾った人々が続きます。行列の最後を歩くのは2つの神輿です。

船渡御@大川

陸渡御の先頭が乗船場の天神橋付近に到着してから、順次乗船が始まります。総勢10,000人の人々が乗り込んだ約100隻の船が上流と下流の二手に分かれておよそ7キロの航路を渡御します。祭祀関係の船が集まる第一船団は、天神橋から上流に進み、飛翔橋でUターンして天神橋へ。協賛関係の船が中心の第二船団は、飛翔橋付近から下流に向かって進み、天神橋あたりでまた上流します。大川を行きかう2つの船団は、陸に上がるまでの間に様々な水上パレードを披露します。

【船渡御を見るには】

日時 7月25日18:00〜21:00
場所 大川(天神橋~飛翔橋)
行き方 JR桜ノ宮駅/京阪天満橋駅が最寄駅

船渡御についてもっと詳しく知る

⑨奉納花火@川崎公園・桜宮公園

船渡御の水上パレードと合わせて、祭りを大いに盛り上げるのが奉納花火。川崎公園と桜宮公園の2地点からおよそ5,000発の打ち上げ花火が上がります。

View this post on Instagram

大阪府 / 淀川天神祭 . いつもの動画にしよかと思ったのですが 同じ構図ばかりで面白くなかったので 写真Postです😊 . あと1発くらい花火大会を撮りたい気もするのですが 9月に愛知で行きたい花火大会があるので 今年の大阪花火は終わりにしましょかね😊 . . #花火 #花火大会 #淀川花火大会 #淀川花火 #大阪 #osaka #天神祭 #天神祭奉納花火 #写真好きな人と繋がりたい #写真を撮るのが好きな人と繋がりたい #写真 #ファインダー越しの私の世界 #カメラ好きな人と繋がりたい #カメラ #light_nikon #instagramjapan

じろさん(@jiro.spirits)がシェアした投稿 –

【奉納花火を見るには】

日時:7月25日19:30〜20:50
場所:大川(桜ノ宮公園付近)
行き方:JR桜ノ宮駅・京阪天満橋駅が最寄駅

奉納花火についてもっと詳しく知る

奉納花火を観られるスポットご紹介

桜宮公園中央広場周辺

沢山の屋台が出て多くの観光客で賑わいます。場所によっては16時頃から場所取りが始まるので、良い場所を確保したければ早めの場所取りがおすすめです。花火が綺麗に見られるのは桜宮橋の北側。花火の一部が橋で隠れてしまいますが、混雑を避けたいなら南側もおすすめです。少し離れた川崎橋の東側も穴場スポットと言えます。

大川の西側エリア

大川の西側エリアは桜宮公園付近と比べると空いています。このエリアでの鑑賞スポットの中心はOAPタワーの周辺。打ち上げ場所の正面に位置する上に、階段に座って鑑賞できますが、仕掛け花火が見えにくいので要注意。花火打ち上げ直前の19時頃には歩けないほど混雑します。

天神祭を訪れる前に知っておきたいポイント

さて、天神祭についてざっくりとお分かりいただけたでしょうか?最後に、よりいっそう天神祭を楽しむために知っておきたいポイントをご紹介します。

①車で行く際には事前の調査が必須

総勢130万もの人が訪れるお祭りなので、多くの人が渋滞を避けるべく電車で訪れますが、どうしても車で行きたい方もいるはず。天神祭の特設駐車場はないので、事前に駐車場を調べておくことをおすすめします。花火大会会場周辺の駐車場は以下のとおりです。

また、7月24日と25日の2日間は交通規制が実施されます。実施エリアはWEBで公開されますので、事前にチェックしてから行きましょう。繰り返しになりますが、大会当日には交通規制が実施されていない場所でも混雑が予想されます。時間に余裕を持って移動することをおすすめします。

②花火を穴場で鑑賞するには

都島橋と飛翔橋の両岸あたりからは、船渡御と奉納花火との両方を鑑賞することができます。さらに、遠くにはライトアップされた大阪城も見えるという隠れた鑑賞スポットです。

例年有料観覧席も用意されています。購入方法など詳細は取り扱い代理店にお問い合わせください。

③屋台を楽しむ方法

屋台は広い範囲で出店していますが、特に天満橋を北に渡った公園に沢山出ています。24日は夕方から22時過ぎまで、25日は昼頃から23時頃まで開いていることが多いようです。25日はJR桜ノ宮駅、地下鉄京阪天満橋駅から屋台を楽しみながら歩いて花火鑑賞場所に向かう人もたくさんいます。

④浴衣で参加するには

お祭りといえば花火、花火といえば浴衣。せっかくなので浴衣で参加したい方もいるのではないでしょうか。といってもただでさえ混雑するお祭りに遠方から浴衣で参加するのは大変なので、浴衣のレンタルがおすすめです。大阪市街には浴衣のレンタルや着付けをしているお店が沢山あります。着付けだけなら30分、ヘアセットを入れても1時間程度でできる上に、料金も安いものなら3,000円から。事前のネット決済や2人での利用で割安になるところもあるので、興味のある方はぜひ調べてみてください。

⑤グッズを買うには

天神祭の正式な法被、傘踊りの傘、龍踊りのTシャツなどが購入可能です。

詳しくは大阪天満宮(電話番号:06-6353-0025)まで問い合わせてみて下さいね。

⑥自分の花火を上げるには

大阪天満宮では毎年奉納花火の協賛を募集しています。協賛金5,000円で、記念品をもらえる上に大阪天満宮の境内に名前を掲げてもらうことができます。ちなみに記念品はレプリカの花火玉です。申込をしたい方は大阪天満宮社務所(電話番号:06-6353-0025)まで問い合わせてみましょう。

⑦天神祭に参加するための「講」とは

天神祭の各行事に実際に参加するには、基本的に「講」に入らなければなりません。講の条件は厳しいものではないとのことですが、それはなかなか敷居が高いという方は、アルバイトやボランティア、清掃ボランティア(ダストバスターズ)という形で参加することができます。商店街で神輿の担ぎ手の募集が告知されることもあります。

有料ですが、船渡御に乗ることも可能です。乗船チケットは旅行代理店などで販売されている他、講社や商店街でも購入可能です。毎年5月頃から販売が開始されますが、予約販売を行っているところもあるようなのでチェックしてみてくださいね。

市民船の乗船募集も同じく5月頃から。7月に大阪天満宮で行われる市民船抽選会で当選者が選ばれます。

天神祭に参加してみよう!

花火、お神輿、屋台といったお祭りの定番だけでなく、ボート大会やギャル神輿など、ちょっと変わったイベントもあり、老若男女全ての人が楽しめるのが天神祭です。気になった方は、この夏ぜひ足を運んでみてください。

天神祭りにおける「だんじり」の楽しみ方

インフォメーション

名称 天神祭
開催場所 大阪府大阪市北区天神橋2-1-8
大阪天満宮/大川など
開催日 2019年7月23日(火)、2019年7月24日(水)、2019年7月25日(木)
船渡御は18:00~21:00(25日)、奉納花火は19:30~20:50(25日)、他イベントにより異なる、詳細は要問合せ
アクセス JR東西線大阪天満宮駅から徒歩5分(大阪天満宮)
関連サイト http://www.tenjinmatsuri.com/
https://www.mapple.net/spot/27001465/
written by
オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部

オマツリジャパン編集部からは全国のおすすめのお祭りの情報を発信していきます
お祭りの最新情報をチェック!

あわせて読みたい